読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある日突然・・・ひざが痛い!

50代半ば、健康のため日々ウォーキングのはずがある日突然・・・

診断 変形関節症

レントゲン撮影の後、待つこと20分。やっと診察の番が巡ってきました。

担当はひざが専門でスポーツドクターでもあるS医師というまだ若い方です。

痩身で日ごろから身体を鍛錬しているという印象で、頼もしく感じます。

「いつごろから痛いのですか?」

「10日前です」

「1日にどれくらい歩きますか」

「通常で5~6キロ、時間に余裕があるときは10キロくらいです」

「走ったりしますか」

「いいえ、ほとんど歩くだけです」

「そう大きな負荷とはいえませんね」

レントゲン画像を見ながら説明を受ける。

「ここを見てください、ひざの関節の間が狭くなっているでしょう、一番狭いところで3mmくらいです。健康なら5~6mm程度です」

「年齢相応よりも悪いのですか?」

「いいえ、56歳ならこんなもんですよ。ただ、同じ状況で長く走っても平気な人もいれば、そうでない人もいるということです」

次にベッドに仰向けになっての診察。

S医師がひざを曲げて力を加える。

まずは左。

「痛いですか?」

「少し痛いです」

次は右。

「どうですか?」

「痛いというほどではないですが、力を受けていることはわかります」

再び席に着き説明を受ける。

「症状としては軽い方ですから深刻になる必要はありません。リハビリ主体で直していきましょう」

 

以下、S医師からの処方箋をまとめてみますと、

・痛みを感じない範囲で歩いても良い→ほっとしました。

・ひざに負担をかけず足の筋力をつけるため自転車を活用→早速実施する。

・体重を減らす→ご飯の量を減らすしかない。

・正座とスクワットは厳禁!

・当院でのリハビリを週に1,2回実施

「痛み止めの薬と湿布を出しておきます」

とりあえずはそれほど重症ではないとわかりほっとしました。

この後、リハビリ室に案内されて予約。

初回は4月26日になりました。

本日の診察料は、初診と検査費用含めて3370円。

薬代は700円でした。