読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある日突然・・・ひざが痛い!

50代半ば、健康のため日々ウォーキングのはずがある日突然・・・

リハビリ開始

4月26日(水)

リハビリの第1回目がやってきました。

予約時間よりも少し早めに到着。

書類を窓口に出してすわって待っている間、様子を見ていると、これまでの常識である、整形外科のリハビリ=マッサージという感じではありません。

マッサージというよりストレッチに近い感じです。

スタッフは皆さん若い方が多い。

それと整形外科のリハビリ室ではお馴染みの電気治療器もあることはありますが他の病院と比べると少ないのです。

多分、新しい考え方で取り組んでおられるのでしょう。好感が持てます。

 

担当はSさんといういかにも健康そうな若い女子。

ズボンの裾をまくりあげてひざを出すと、しげしげと観察しています。

次にベッドで仰向けになった姿勢で私の脚を曲げたり引っ張ったりします。

そして、分度器とものさしのようなものを持ってきての計測。

「脚の動きはそんなに悪くないですね。」

次に直立の姿勢を指示され、その場にまっすぐ立ちます。

「片足で立ってみてください」

久しぶりで片足立ちをやってみると結構ぐらつきます。

「バランスが悪いですね。ひざ以外に悪いところはないですか?昔の怪我とか・・・」

「20年以上前に左足首を骨折しましたよ」

「それですよ、それ!いつも左をかばうような姿勢になっていますし、左と右で足首の曲がる角度が違うんです」

続いて、長廊下へ出て歩行を指示される。

15メートルくらいを数回往復する。

「やはり歩行の際も左をかばってますね」

「あと、少しのけぞった姿勢です。このまま行くと腰に来ますよ!」

思い当たる節がある。昔猫背を再三指摘されて、意識するあまり胸を張り過ぎる姿勢になっていたようだ。

「だいたいの問題がわかりました。次回から本格的なリハビリに取り組みます。ひざだけでなく左の足首のリハビリもやっていきましょう」

このSさん、若いのになかなかです。見直しました。

今日の診療費は2240円也。